マスクの正しい知識

About mask

見た目は同じでも、
機能性・安全性が異なる

日本では医療用マスク・家庭用マスクの性能に関する検定規格がなく、メーカーによって品質が異なるのが現状です。マスクを選ぶ基礎知識として知っていただきたいのは、微粒子やウイルス飛沫、細菌に対するフィルタの性能を表した「PFE」「VFE」「BFE」の違いです。ほとんどのメーカーでは、パッケージに自社製品の性能について記載していますので、購入の際はご確認ください。弊社ではPFE試験、VFE試験、BFE試験(フィルタ部のろ過効率試験)で99%という数値※を測定したメルトブローン不織布(極細繊維で構成された特殊な不織布)のマスクを提供しています。

※日本の検査機関と同等の検査機械を所有し、自社でロットごとにフィルタ部のろ過効率試験を行っています。

PFE

PFE(Particle Filtration Efficiency)とは「微粒子ろ過効率」のことで、約0.1㎛(マイクロメートル)サイズの粒子をどの程度ろ過(捕集)できるのかを意味します。インフルエンザウイルス、ウイルス単体(飛沫核)、結核菌ウイルスなどが対象となります。「PFE99%」という表記は、約0.1㎛サイズの粒子がフィルタを通して99%ろ過(捕集)されたという測定数値を表します。

VFE

VFE(Viral Filtration Efficiency)とは「ウイルスろ過効率」のことで、約0.1㎛~5.0㎛のウイルスが含まれた粒子をどの程度ろ過(捕集)できるのかを意味します。インフルエンザウイルス、咳・くしゃみを伴う水分を含んだウイルス飛沫などが対象となります。「VFE99%」という表記は、約0.1㎛~5.0㎛のウイルスが含まれた粒子がフィルタを通して99%ろ過(捕集)されたという測定値を表します。

BFE

BFE(Bacterial Filtration Efficiency)とは「バクテリア(細菌)ろ過効率」のことで、約3㎛の細菌を含む粒子をどの程度ろ過(捕集)できるのかを意味します。花粉、咳・くしゃみに伴う水分を含んだウイルスの飛沫などが対象となります。「BFE99%」という表記は、約3㎛の細菌が含まれた粒子がフィルタを通して99%ろ過(捕集)されたという測定値を表します。

マスクは素材によってその性能が異なります。ガーゼタイプの布製マスクは、フィルタ部のろ過効率試験をしても低い数値結果となる可能性が高いです。マスクは細菌やウイルスを完全に防ぐものではありませんが、新型コロナウィルスやインフルエンザを予防するなら、「PFE試験・VFE試験99%」の不織布マスクを使用することが推奨されます。また、ろ過(捕集)効率の「99%カット」という数値は正しい使い方をして初めて担保されます。数日にわたり同じマスクを使用したり、水洗いしたりすると数値は下がってしまいます。

お問い合わせ

マスクについてご相談などありましたら、
お気軽にお問い合わせください。

(お電話での受付時間:平日9:00〜17:00)

お電話でのお問い合わせ
0767-38-1102

お問い合わせフォーム